基本情報技術者試験・感想戦(午後編)

Pocket

どうも、みどりごけです。

午前編の続きです。

午後の問題も見直しながら簡単な解説と感想を書いていきたいと思います。

問題と解答は下記から見れます

なお、私が選択した問題のみ取り扱います。

問1 (情報セキュリティ)

SSHのセッション確立シーケンスが題材の問題でした。

もうLinux使いからすると「待ってました」と言わんばかりの内容。
SSHが接続時にどんなやり取りをしているか知っていれば時間をかけずに解けちゃいます。

設問4

秘密鍵にパスフレーズを設定している場合はそれの入力を求められるのでを選んでしまいそうですが、パスフレーズはあくまでも秘密鍵を使えるようにするために使われるので、サーバ側には送信されず、認証には使われないので不正解です。

問2 (ソフトウェア)

排他制御に関する問題でした。
この問題とほぼ同じ問題が24年秋に出題されていました。
なので過去問を解いていればこれも短時間で解けます。

問3 (データベース)

通販の会員データが題材の問題でした。
ですが、データベースの問題は基本的にSQL文の穴埋めなのでぶっちゃけ題材はどうだっていいです。

設問4

私が間違えた問題です。

ビュー在庫表を作成するのに必要な表は入荷表ビュー販売集計表なのでc22になるんですが、問題を勘違いしてビュー販売集計表を作成するのに必要な販売明細表もカウントしてしまい、3を選んでしまいました。

今考えるとなんでそこで勘違いしたんだという感じがします。

問4 (ネットワーク)

コールセンターを題材にした問題でした。

最初の部分だけだとネットワークに関する単語が出てこないので、これが本当にネットワークの問題か不安になりましたね。
ですがページをめくるとネットワークの図が出てきたので安心しました。

待ち行列理論って面白いですね。

設問2

空欄bは平均通話時間 4分/件平均結果記録時間 2分/件の合計を求める問題でした。
4+2=6という小学1年生かよというレベルの問題で本当にこれでいいのか逆に不安になりました。

問5 (ソフトウェア設計)

買い上げ・入金の管理システムが題材の問題でした。

唯一問題文の修正のあった問題です。
もし出題後にミスが発覚していたら28年春のように大荒れになっていたと思うと・・・恐ろしい。

正直この問題はつまらなかったです。
ただただ穴を埋めるだけでしたから。

問8 (データ構造及びアルゴリズム)

基本情報技術者試験のヤマ場と言われるアルゴリズム問題です。
誤り検査文字の生成とその検証を行うプログラムが題材の問題でした。

(追記)
このアルゴリズムはLuhnアルゴリズム(クレジットカードのチェックディジットにも使われている)を拡張したLuhn mod Nアルゴリズムらしいです。

設問2

この方式では後ろから奇数番目と偶数番目それぞれで処理するので、奇数番目同士、偶数番目同士で文字が入れ替わってるとその誤り検出できないという欠点があります。

この問題はそれを見抜かせるものでした。

(追記)
Luhnアルゴリズムであると知ってから分かりましたが、空白文字z(一般化すると0番目の文字とN-1番目の文字)が入れ替わった場合、どこで入れ替わっても検出できません。
「そんなの試験時間中に気がつくわけ無いだろ!」

設問4

設問2では水平検査文字だけでしたが、設問4では垂直検査文字も付けた場合はどうなるかという問題です。

垂直検査文字付けたとしても、縦と横それぞれで奇数番目と同士、偶数番目を同士で文字を入れ替える(縦横がそれぞれ奇数マスでそれぞれの対角の文字が同じ長方形を探して入れ替える)ようにすると誤りがないと判定させることができます。
ですが、この問題では一行目しか入れ替えられないので全ての誤りを検出できます。

(追記)
こちらも同じく空白文字とzの場合検出できません。
問題が意地悪じゃなくて助かりました。

問9 (C言語)

プログラミングの問題はCを選択しました。
とはいえ、実はCでの開発経験はなく、チュートリアルをやった程度なんです。
ですが、Cから影響を受けた言語(AWK,C#,JavaScript,PHP等)ならそれなりに扱ったことがあるので挑戦してみました。
ただし、それらの言語にはポインタが無い(c#は一応あるけど基本的に使用禁止)のでポインタの知識だけは頭に叩き込みました。

回文を探すプログラムが題材の問題でした。

ここ数年の過去問ではポインタを使った問題はほとんど無かった(あってもファイルポインタか、引数が配列の場合くらいなのでわからなくても解ける)んですが、今回は珍しくちゃんとポインタを使っているプログラムでした。
特に配列とポインタの関係を理解している必要がありましたね。
a[i]*(a+i)と同じと覚えていたのが役に立ちました。

問題自体はほとんど穴埋めなのでそこまで難しいとは思いませんでした。
しっかり読めば答えがわかる感じですね。

解いた問題は以上です。

自己採点した結果

1ミスで均等配点で97点でした。
どんな傾斜配点になっても少なくとも88点は付きますね。

もう少しよく考えれば満点も狙えただけにすごく悔しいです。
とはいえマークミスが無い限り合格圏なのは間違いないので一安心です。

次は応用情報技術者試験を目指して頑張っていこうと思います。

読んでいただきありがとうございました。

The following two tabs change content below.
みどりごけ

みどりごけ

スペシャルエグゼクティブアドバイザーほしい物リスト
どこぞのシェル芸大好き鯖管(自称ではない) / 基本情報技術者 / Linux (LPIC2保有) / C# / PHP / JavaScript / 食べ鉄 / Minecraft / ETS2 / GTAV / Ingress
みどりごけ

最新記事 by みどりごけ (全て見る)

2件のコメント

コメントを残す