Luhnアルゴリズムは誤りを検知できない場合がある

どうも。

昨日、基本情報技術者試験の午後の問8のアルゴリズムがLuhn mod Nアルゴリズムであることを知りました。

調べてみると、「N種類の文字に0からN-1までの数を割り当てたとき、0番とN-1番(最初と最後)の文字が入れ替わった場合どこで入れ替わっても誤りを検知できない」らしい。

それを知って、理系の血が騒いでどうしても証明したくなったのでします。

続きを読む →

シェル芸で最小公倍数・最大公約数を求める

どうも、みどりごけです。

10月7日にjus共催 第31回朝からだと疲れるから午後からでええじゃろシェル芸勉強会に参加してきました。

そこで出題された問題に最小公倍数を求めるものがありましたので、それの解答とそれを応用して最大公約数を求める方法を考えてみました。

続きを読む →

基本情報技術者試験・感想戦(午前編)

どうも、みどりごけです。
お久しぶりです。
長らくブログを更新せず放ったらかしてすみませんでした。

昨日、基本情報技術者試験を受けてきました。
会場は横浜の情報科学専門学校でした。

問題を解いていて結構面白かったので、問題を見直しながら簡単な解説と感想を書いていきたいと思います。

午後編はこちらです。

続きを読む →