橋脚はいいぞ。

Pocket

皆さまごきげんよう。

最近私はプライベートにて、福岡都市高速の橋脚をよく撮影しています。現実世界の構造物や建築物の写真は、ですまちワールドにて現実的な建物を建設するのに大いに役立つため、普段から建物の写真をできるだけ多く撮影するように心がけています。
ところで都市高速の橋脚は、限られた立地の中で巨大な高架橋を支えるためにユニークな形状をしたものが多く、時には驚くべき形状を持った橋脚に出会うこともあります。
今回の記事では、私が撮影してきた橋脚のほんの一部を、写真とともにご紹介してみたいと思います。

・T型橋脚

福岡都市高速5号線の福重ジャンクション付近で撮影。この形の橋脚は構造が単純で省スペースのため、最も多く見かけるものです。

・門型橋脚

福岡都市高速5号、板付-野多目間で撮影。
この橋脚は、既存の道路の上に新しく道路を作る場合などに用いられます。そのため、都市部以外ではあまり見かけません。この高速道路の下は「福岡外環状道路」という一般道が整備されています。

・門型橋脚の変種

・コラム「ラーメン構造」
ラーメン構造は「細い骨組みで大きな力を支える」ことを目的として考案された橋脚です。ラーメンとは、ドイツ語で「骨組み」を意味しています。ラーメンおいしい
門型橋脚にもラーメン構造が採用されています。骨組み同士の接合部は動かないように固定されていて(剛接合)、たとえ地震などで大きな力が加わっても切断されないように作られています。

・ラケット型橋脚

福岡都市高速1号環状線、天神北出入口で撮影。
おそらく橋脚の中でもっともヘンテコな形をしています。
形状としては、門型橋脚の下部にT型橋脚をくっつけたようなものです。

・その他

門型橋脚の下に別の高速道路が架設されている様子。同じく天神北出入口にて。


門型の亜種。福岡都市高速1号環状線・荒津大橋にて撮影。

写真ばかりの記事でしたが閲覧ありがとうございます。
現在、ですまちでは高速道路を絶賛建設中。私も橋脚をメインに、高速道路建設を少しお手伝いさせていただいております。
建設完了時期は未定ですが、今年度中に一部区間開通すればいいかな、なんて思っています。

The following two tabs change content below.
まにんぐ

まにんぐ

ネットワークからプログラミングまで,PC関連の趣味を浅く広く嗜む。橋梁に対して興味と知識を持ち,ですまちではそれを生かした高速道路建設を担当する。
まにんぐ

最新記事 by まにんぐ (全て見る)

1件のコメント

コメントを残す