近況とか近況とか近況とか

Pocket

【この投稿はアドベントカレンダー18日目です】
…と書いておきながらも、今回はあまりですまちに関係ないお話をしようかなと。
はい、単なる近況報告と雑談です。

私は福岡県の中でも結構田舎、それも南のほうに住んでいます。しかし最近はとある事情で、毎日福岡市内まで通う生活をしています。
電車でおよそ2時間と遠いですが…福岡市内にはデザインに富んだ沢山の建物があり、建築ネタには尽きません。
ただし、電車で通うのはかなり体に堪える部分があり、Twitterとですまちサーバーのログイン頻度は減りました(´・ω・`)

福岡といえば何を思い浮かべるでしょうか。博多どんたく?とんこつラーメン?それとも明太子でしょうか。
実際、どれも福岡県民になじみ深いものですが、福岡ではとある「意外」なものが非常に目立っています。そうですバスです(?)
冗談ではなく本当の話で、福岡市内を走る自動車の半分はバスです。もう半分はタクシーとトラック。乗用車も走ってはいますが、運転マナーが悪い車が多いですね。
バスはよく「車両渋滞」で遅れるのですが、その渋滞の原因を作っているのもバス。さすがに笑えません(笑)
さてそんな話からですまちの話に戻るんですが…

ですまちSeason2では、Season1には少なかった「バス停」が街中に増えてきました。ミニチュアブロックを使うことで、今までにない精巧なオブジェクトが再現できるようになり、リアルなバス停が作れるようになりました。
バスが運行できるようになったのは素晴らしいのですが、肝心のバス車両を保有していません。というより、ありません。
バス車両を追加できるModがあれば良いのですが、なかなかそのような話を聞きません。我々の目の付け所が余りにもシャープ過ぎたのでしょうか。今度時間があれば(動かない)バス車両を縮小ブロックで作りたいと思います。多分。

福岡市内には建築ネタにできる建物が多いと書きましたが、初級者向けから上級者向けまで沢山の建物がそろっている、いわば建物のデパートです。
ただし有名な建物、たとえばヤフオク!ドームや博多駅、キャナルシティ博多などは上級者でも再現が難しい部類に入るでしょう。リアルに再現しようとすると図面なんかとにらめっこする羽目になるでしょうし、見た目だけで再現しようとすると似ても似つかない構図になりがちです。
その代わり、そこらへんに生えてるビルなどは初級者でも非常に建てやすく、建築が苦手な万年初心者の私でも容易に建てることができました。最初のうちは完全再現は難しいため、ある程度見栄えが良くなるように実物をちょいと改変してやると(外壁の色など)良いでしょう。
前回建築した「須野原センタービル」も、コメント欄にあるように元々は福岡の西中洲にある親和銀行福岡営業部のビルを参考にしていますが、再現するにあたり外壁の色が白から黒へと大きく変わっています。白でもよかったのですが、周りの建物の色と同化してしまい見栄えが良くありませんでした。黒を選んだところ窓の色と調和し、また周囲の建物とも調和したため、ビル全体に採用しました。

さてそんな須野原センタービルについてですが、ようやく完成形となったのでいくつかスクショを貼ってこの記事も終わりにしましょう。

屋上。空調設備と受電設備を作ってみました。空調設備は実際のものを参考にして作ったため再現性は高いのではないかと思っていますがいかがでしょうか。

外観は少し手を加えました。今後もちょこちょこ手を加える可能性がありますが、おそらく記事上で公開するのは最初かつ最後となるでしょう。

ビルの一室にオフィスを作りました。
ゴランノス・ポンサー(株)の営業部という設定。

立地が良いので線路上からもよく見えます。もしかしたら今後の動画にも登場するかもしれません。

 

というわけで、今回の記事はこの辺にしましょう。
ネタ切れの割には頑張った気がします(自画自賛)

 

The following two tabs change content below.
まにんぐ

まにんぐ

ネットワークインフラの構築を生業にしていきたいお年頃。

コメントを残す