「信号所とは」(・∀・)

Pocket

タイトル通りです、はい。

そして、どーも、カルアでっす!!(・∀・)2016-10-03_15-41-03

今日はです街鯖における信号所の役割についてお話します。

今現在、です街(1.7.10ver)には、「ちょう急電鉄(仮)」線が狭川-須ノ原-長沼の3駅で試験運転をおこなっております。狭川はこの鯖が始動してすぐ(2016年3月)、須ノ原は駅間の線形をきめるためにそのすぐあと(2016年4月)、そして長沼がつい先日2016年9月末に敷設完了しました。(駅舎や周辺設備の拡充はどこもおいついていませんw)

そして、3駅間の2区しかありませんが、複々線での折り返し、および長沼に併設された車両区への入れ替えが可能となっています。つまり、システムとしてはすでに完結しているため、営業運転ができる状態なのです。これらの折り返しを可能としているのが、「狭川信号所」および「長沼信号所」のふたつの信号所施設です。

2016-10-03_16-10-372016-10-03_15-56-13

写真は狭川信号所です。線路のすぐわきにあり、通過する電車を眺めることもできます。

ただし、ここでタイトルの問題が出てきます。「#信号所とは」つまりなにしてんだよっていうと、基本的にはポイント操作しかできませんw なぜなら、閉塞管理で信号をおこなっており、現段階では割り込みで進行/非常停止等の切り替えを実装するのはひじょおおおおおにめんどくさい(・∀・) ので、信号所からあつかえる信号は駅の出発信号のみとなっております。(ちなみに、ポイントに連動した構内現示標識は、ポイントを操作することによって切り替えることができるので一応信号操作もおこなえるといえてる?)

ちなみに、今度の新バージョンからRTMは全入力がオフのときなどの仕様が変わったため、この信号所のシステムも書き換えを余儀なくされていますが、現段階でのポイントの操作の仕方について簡単に紹介します。

右側の写真にあるレバー二つが平行クロスのポイント一基にたいして連動しています。クロスの同じ側をnotで組み合わせることにより、レバーの倒している方向が開通している状況をつくることができます。つまり、カルアの左側に見える緑の操作台では「右上がりのクロス状態のポイント」が、右側に見える水色の操作台では「手前を直進できる状態のポイント」がせっていされていることになります。

このレバー式のいいところは視覚的にどこが開通しているかわかりやすいことです。クロスなのか、直進なのか、ポイントと列車の位置関係さえ把握していれば「何番線から登り方向へ発車」などの口頭だけで信号業務がおこなえて、かなり楽しいです(*´ω`)

2016-09-19_03-37-06運転士との一体感!!(`・ω・´)

ただし!!(何回も言いますが現段階では)平行クロスが退行する列車で同時に通過できない問題がありました。そこで、長沼信号所ではさらに画期的な線形をくむことによって、渡り線のかっこよさや車庫への出し入れの楽しみ方が満載な信号所ができましたw

これは次回紹介したいとおもいます。ではでは、あでゅー(=゚ω゚)ノ

The following two tabs change content below.
kahlua

kahlua

ですまち1.7.10のadmin。カルアパンダなのにスキンは鶏だったり、一番好きなのはスプモーニだったりブレぶれなクラフター。他ゲーもいろいろやってます(日記には書かないけど)
kahlua

最新記事 by kahlua (全て見る)

コメントを残す