信号回路:自動車編①

Pocket

tnt

やっぽーい、おまつりっぽーい(≧▽≦)

ということで、みなさんどーも、カルアです!!(鯖内ではこんなことしてませんよ?)

今日は、誰が読んで理解してくれるかわかりませんが、です街鯖内でくんでいる信号回路についてシリーズ化して解説していきたいと思います。(鉄道のほうもやってるんですが、まだ2駅しかないので、運用が完全にはシステム化しておりませなんだ。それはまた別シリーズで)

さて、RTMには自動車信号も実装されていますので、もちろん道路があって交差点があれば置くのは当たり前ですね? それがちゃんとRS回路とのやりとりもできるので、時間でちゃんとうごく信号システムがつくれるんですね~。RSとRTMの信号強度形式の違いから回路をくむことがためらわれている方も多そうですが、今回このシリーズで紹介する十字路(右折あり・歩行者あり)の基本構成を理解していただければ応用は無限にきくはずです。

うまくやれば右側の写真のように1チャンク内に余裕をもっておさめられますね!

2016-09-08_19-33-262016-09-08_19-22-09

今回のこのシリーズでは、4回に分けまして「①どうやって計る?:時間の組み方」 「②どうわける?:信号の考え方」 「③どう変換する?:RSからRTMへ」 「④その他:こまごま思いついたテクニィィィック」 で信号回路を紹介してみます。

注意!!:この鯖ではさまざまなMODを使用しているため、紹介し忘れるかもしれませんが「できねーよ、ごるぁ」じゃなくて、「そんなこともできるんだー」ぐらいにおもっておいてください(/・ω・)/

使用MOD:RTM (前提!) 、ProjectRed各種 (Base, Compat, Fabrication, Integration, Lighting, Mechanical, World)、Forge(大大前提!!)、その他 (です街ページ・動画参照)

 

さて、今回は「①どうやって計る?:時間の組み方」編です。右上の写真の一番手前にある回路が今回紹介するそれにあたるわけなんですが、これがなにをしているかといいますと・・・

信号の切り替えの大元をしきっております!!

十字路を想像してもらえればわかるとおもいますが、片方が青の時はもう片方は赤ですね? なので、大元にたいしてレッドストーン信号を「だしている/だしていない」の状態ですべてをコントロールすることができます。ProjectRed (以下;PR) を触ったことのある方ならわかるとおもいますが、タイマーとトグルラッチを使えば簡単にこの状況が組めますね!

レッドストーンあんまり得意じゃないよって人はここまでで結構です。タイマーを「40s」にセットして、トグルラッチの大元につなげてやれば、右がON/左がONを交互につくれます。これで40秒ごとにきりかわる信号が組む準備ができました。シリーズの次へお進みください(。-`ω-)

2016-09-08_20-04-21

 

 

もうちょっと学びたいお、って人はこっちこっち~(・∀・)

%e4%bf%a1%e5%8f%b7%ef%bc%91

見たほうがはやいかもとおもってキモの部分をきれいに組んだ写真を貼ってみました。簡単に説明すると、「①のタイマーから信号を○○秒ごとに出力する→②と②’のカウンターでひろう→これがトグルの根元にいく(水色から左方向へ)」という回路になっております。①のタイマーは10秒ごとが分かりやすくていいとおもいます。今回のこの回路では②{5/1/4}、②'{8/1/7}で設定してあります。(カウンターの内部設定は {出力に要するまでの内部カウント/一回の入力で増えるカウント量/リセット用入力で減るカウント量} であらわしています)

書いたとおりに設定して組むと、最初のパルスを0秒として、そこから50秒目の時点で一回、そこから30秒後に一回、50秒後、30秒後…とパルスがトグルラッチの根元にいきます。おわかりですか? 道路信号において、両方向が同じ秒数ずつで仕切られているとはかぎりませんよね? 大通りとそれより小さな通りで信号の基本秒数に違いを持たせたいときにこの回路が役に立つのです。

原理は簡単です。10秒ごとのタイマーからの出力信号をそれぞれのカウンターでひろっていますが、まず5回目(50秒時点)で②がパルスを発して自らをもリセット(水色のループ部分)します。そのままカウントが進むと、次に8回目のタイマー出力(80秒時点)で②’が同様にパルス&リセット(白の回路部分)をしますが、このとき同時に②のカウントもリセットしてしまいます。そうすることで全体が0秒時点と同じ状況になるため、また50秒後にパルス…となります。③のリピーターが防いでいるため、②が②’をリセットすることはありません。こうして常に50/30の80秒周期でパルスの出る簡単な回路がくめました。

この回路のいいところは、これを組んでおくだけで、カウンター(とタイマー)をいじればどんな秒数の組み合わせも可能だというところです。(ただし②のカウンターは全体の周期をきめている②’のカウントの過半量を指定しなければいけません。でないと全体周期中に②が2回以上出力してしまいますからね)

 

ちょっと今回はIntroも含めて長くなりすぎたので最後の挨拶も手短に! また次の日記でおあいしましょう、アデュー!!( `ー´)ノ

The following two tabs change content below.
kahlua

kahlua

ですまち1.7.10のadmin。カルアパンダなのにスキンは鶏だったり、一番好きなのはスプモーニだったりブレぶれなクラフター。他ゲーもいろいろやってます(日記には書かないけど)

コメントを残す